脛(すね)の内側が痛くなったことはありませんか?

< キーワード : シンスプリント 、 タイプ 、 トレーニング >


こんにちは!理学療法士の浦上です。


突然ですが、脛(すね)の内側が痛くなったことはありませんか??

 

シンスプリント.jpg        シンス疼痛部位.png


試合や合宿が多くなるこの時期は、特に疲労が溜まりやすくシンスプリントと呼ばれる脛の内側が痛むケガが増える傾向にあります。シンスプリントはダッシュやジャンプを繰り返す種目に多く発生し、陸上競技やバスケ、野球、サッカーなどの種目によく見られます。

 

選手や指導者の方々もシンスプリントという名前聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?しかしシンスプリントには2つのタイプがあるということはあまり知られていないようです。

 

2つのタイプというのは①一般型と、②重症型に分類され、それぞれ傷めている部分や原因が異なるため、タイプに応じたコンディショニング・トレーニングを行う必要があります。このタイプに応じたトレーニングをしなければ、休んでも完治せずすぐに再発してしまい、復帰しては休んで...を繰り返しがちです。では、どのようなことをすれば再発しにくく、全力でプレーできるような身体になるか...

 


 

タイプ分類の詳細や、再発予防トレーニングなど、この続きはまた次回UPさせて頂きます。

 

最後まで御覧頂き、ありがとうございました。

 

シンスプリントのコンディショニング、トレーニングでお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

★無料体験実施中!!★

 

*********************

 フィジオセンター盛岡

 TEL019-681-6647

 住所:岩手県盛岡市向中野2丁目56-7

*********************


2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、スタッフが2015年6月18日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めまして!」です。

次のブログ記事は「シンスプリント②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • img_blog